くらし情報『羽田空港でNTTなど4社共同実験--外国人増や少子高齢化対策でデザイン高度化』

2015年12月7日 16:03

羽田空港でNTTなど4社共同実験--外国人増や少子高齢化対策でデザイン高度化

羽田空港でNTTなど4社共同実験--外国人増や少子高齢化対策でデザイン高度化
東京国際空港ターミナル(TIAT)、日本空港ビルデング(JAT)、日本電信電話(NTT)、パナソニックは12月3日より、世界初の情報ユニバーサルデザイン高度化の共同実験を国際線旅客ターミナルで開始した。

同実験は、2020年に向けて訪日外国人の増加や少子高齢化のさらなる進展が想定される中、最先端情報技術の活用により安心・便利にサポートしていくことを目指したもの。訪日外国人や車いす・ベビーカー使用者にとっても便利なユニバーサルデザイン、そして、「音」「光」「画像」「無線」等による最先端情報技術を活用したデザインとなっている。

「情報ユニバーサルデザイン高度化」の共同実験は12月3日~2016年3月31日にかけて、羽田空港国際線・国内線旅客ターミナルにて実施。実験内容として、NTTは画像解析技術を用いたかざすUIによる情報提供、ビッグデータ解析技術を用いた動的サインによる人流誘導、音声処理技術による音サインの明瞭化を行う。パナソニックは、光ID技術を使用した商業エリアなどの空港施設の認知検証、Bluetoothビーコンを使用した施設案内誘導検証を実施する。

NTTのUIによる情報提供の実験では、直感的な動作だけで有益な情報を容易に取得できる技術の確立を目指し、NTTが開発した「アングルフリー物体検索技術」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.