くらし情報『氷川きよし、亡き愛犬への思いを歌に「28歳からずっと一緒に15年生活して…」』

2022年1月18日 04:00

氷川きよし、亡き愛犬への思いを歌に「28歳からずっと一緒に15年生活して…」

氷川きよし、亡き愛犬への思いを歌に「28歳からずっと一緒に15年生活して…」

歌手の氷川きよしが18日、2月1日に最新シングル「群青の弦(いと)」をリリースすることを発表し、ジャケット写真を公開した。

同作は、「春の海」を作曲した盲目の箏曲師・宮城道雄氏を題材に、原文彦氏が作詞、岡千秋氏が作曲を担当。編曲は昨年6月に亡くなった丸山雅仁さんで、これが遺作となった。

それぞれカップリングとジャケット写真が異なる全3タイプで発売され、カップリング曲も全て演歌。Aタイプには恋の未練に堪えながら鼓を打つ鼓方を歌った「鼓」が、Bタイプには端唄の一節を取り入れた軽快な時代もの演歌「浮世 恋の騙し絵」が、Cタイプには志す道を進む矜持を描いた「明日が俺らを呼んでいる」が収録される。

また、昨年2月に亡くなった愛犬・ココアを歌い、氷川が「kii」名義で作詩したバラード楽曲「きみとぼく」を、ボーナストラックとして全タイプに収録。氷川の演歌の真髄ともいえる作品となっている。

今回公開されたジャケット写真では、タイトルに合わせ、青の袴姿で背景には水面を反映させながら凛とした表情を見せている。

コメントは以下の通り。

■氷川きよし

いつも氷川きよしの歌を聴いてくださり本当にありがとうございます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.