くらし情報『CMS、WordPressからDrupal/Joomlaへ移行する傾向』

2015年12月17日 14:12

CMS、WordPressからDrupal/Joomlaへ移行する傾向

CMS、WordPressからDrupal/Joomlaへ移行する傾向
最近、その傾向が変わってきたようだ。

Webサイトの構築にはCMS(Content Management Systems)と呼ばれるソフトウェアが使われることが多い。世界中で最も使われているCMSはWordPressと言われているが、
最近、その傾向が変わってきたようだ。

BuiltWithがこのほど、「WordPress vs Joomla vs Drupal - The Battle Of The CMS|BuiltWith Blog」においてCMSのシェアや推移状況などについて公開した。これはCMSを採用する際の検討資料として参考になるだろう。

BuiltWithはインターネット上のWebサイトのうち、35%がCMSを使用していると指摘。CMSのシェアはWordPressが50%と最も高く、これに9%のJoomla、2%のDrupalが続いている。しかし、対象をトップ1万サイトに絞るとWordPressのシェアは40%まで減少し、これに替わるようにDrupalが大きくシェアを増やしている。しかも、Drupalはトップサイトで採用される傾向が高いと指摘している。

WordPress、Joomla!、Drupalのいずれも採用の絶対数は増やしているものの、ほかのCMSへ移行するユーザが多いことも観測されていると説明がある。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.