くらし情報『『ヤング ブラック・ジャック』、第12話のあらすじと先行場面カットを紹介』

2015年12月17日 21:42

『ヤング ブラック・ジャック』、第12話のあらすじと先行場面カットを紹介

『ヤング ブラック・ジャック』、第12話のあらすじと先行場面カットを紹介
2015年10月よりTBSほかにて放送開始となったTVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』。手塚治虫の名作『ブラック・ジャック』の主人公である奇跡の天才外科医ブラック・ジャックこと間黒男の若かりし頃の姿を描く本作より、第12話「狂騒の季節」のあらすじと先行場面カットを紹介しよう。

○TVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』#12「狂騒の季節」

一部の学生たちは暴力革命を目指し、過激化していく。そんな中、黒男は今上エリという大学生と出会う。彼女との出会いは、第1次羽田闘争の時。近くの公園で顔から血を流して気を失っているエリを見つけた黒男が、このままだと確実に傷が残ると、その場で傷の処理を行ったのがきっかけだ。以来、エリはちょくちょく黒男のもとを訪れるようになる。ある日、エリから黒男宛に別れを告げるようなハガキが届く。ちょうどそのとき、テレビから過激派の学生たちのアジトが一斉摘発されたとのニュースが流れる。ハガキの消印が摘発先と同じ群馬県であることに気付いた黒男は、ある行動へと出る。それは……!
(脚本:森田眞由美 / 絵コンテ:鈴木卓夫、寺田和男 / 演出:前園文夫 / 作画監督:斉藤圭太、千葉茂 / 総作画監督:片山みゆき、三浦菜奈)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.