くらし情報『元文部大臣島村宜伸氏が座長に就任 - ウェルネス経営協議会が設立総会開催』

2015年12月22日 08:30

元文部大臣島村宜伸氏が座長に就任 - ウェルネス経営協議会が設立総会開催

元文部大臣島村宜伸氏が座長に就任 - ウェルネス経営協議会が設立総会開催
ウェルネス経営協議会は12月21日、設立総会を開催した。同協議会の座長に日本プロスポーツ協会会長、元文部大臣・元農林水産大臣である島村宜伸氏、副座長に日本フードサービス協会 元会長、日本食レストラン海外普及推進機構 理事長、全国外食産業ジェフ健康保険組合 理事長である大河原毅氏、顧問に日本赤十字 社長の近衞忠煇氏が就任。事務局長はFiNC 代表取締役副社長CAO兼CWO(Chief Wellness Officer) 乗松文夫氏。参画企業は48社となる。

同協議会の活動目的について、以下の4つが掲げられた。

健康寿命の延伸
ビッグデータや人工知能などを駆使した21世紀型の健康経営の導入
医療費負担の削減および健康保険組合の財務内容改善
人財に対して積極的に健康投資を行うことによる生産性の向上

同協議会の発起人となる企業はANAホールディングスやソフトバンク、ネスレ日本など20社。

会員企業・団体には、みずほ銀行や三菱地所、ロート製薬など28社(団体)が参画している。

オブザーバーは神奈川県と神奈川県横須賀市となっている。

開催当日には島村氏、大河原氏、来賓の経済産業省 商務政策統括調整官 吉本豊氏が、同協議会について次のようにコメントした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.