くらし情報『Google、囲碁プログラム「AlphaGo」開発 - プロ棋士に5戦5勝』

2016年1月29日 13:18

Google、囲碁プログラム「AlphaGo」開発 - プロ棋士に5戦5勝

Google、囲碁プログラム「AlphaGo」開発 - プロ棋士に5戦5勝
Googleは1月27日(米国時間)、「Research Blog: AlphaGo: Mastering the ancient game of Go with Machine Learning」において、Googleが開発した囲碁プログラム「AlphaGo」が欧州で活躍している囲碁のプロ棋士と対戦し、5戦5勝したと発表した。コンピュータプログラムがプロの囲碁棋士との対戦に勝利したのはこれがはじめてだとされている。対戦は2015年10月5日から9日にかけて同社のロンドンオフィスで実施されたと説明がある。

囲碁は世界中に愛好家がいるボードゲームの1つ。歴史も古く多くの愛好家が囲碁を楽しんでいる。囲碁は二人零和有限確定完全情報ゲームに分類されるゲームで、論理的にはすべての手が先読み可能であるとされている。しかし、手が多すぎるためコンピュータを活用して高速先読みをする方法では、これまで囲碁のプロ棋士のレベルに到達することはできなかった。

今回Googleはこれまでチェスのプログラム「Deep Blue」が取ってきたような高速検索手法を採用せずに、ニューラルネットワークを活用した機械学習の手法を採用。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.