くらし情報『サードウェーブ、WF2016冬で3Dスカルプトソフト「ZBrush」ブースへ機材協力』

2016年1月29日 18:26

サードウェーブ、WF2016冬で3Dスカルプトソフト「ZBrush」ブースへ機材協力

サードウェーブ、WF2016冬で3Dスカルプトソフト「ZBrush」ブースへ機材協力
サードウェーブデジノスは、2月7日に開催するワンダーフェスティバル2016[冬]にて、一般社団法人3Dデータを活用する会・3D-GANブースへの機材協力を発表した。

ブースでは、3Dスカルプトソフト「ZBrush」を用いたデモンストレーションや、「ZBrush」の体験コーナーにサードウェーブのクリエイター向けPC「raytrek ZBrush 公認モデル」を設置する。

「raytrek ZBrush 公認モデル」は、ZBrushの最新バージョン「ZBrush 4R7」を動作させるために設計されたPCで、ZBrushの開発元であるPixologicの動作検証をクリアし、"公認"されている。

ZBrushデモンストレーション用PC「raytrek ZBrush公認モデル ZI」の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-6700K(4.0GHz)、チップセットがIntel Z170、メモリが32GB PC4-17000、ストレージが400GB PCIe 3.0 NVMe SSD + 2TB SATA HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 970 4GB、OSがWindows 10 Home 64bit。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.