くらし情報『国交樹立50年! “観光立国”シンガポールとの交流促進の意図』

2016年2月3日 09:30

国交樹立50年! “観光立国”シンガポールとの交流促進の意図

国交樹立50年! “観光立国”シンガポールとの交流促進の意図
●シンガポール政府観光局日本支局と日本政府観光局が多彩な施策を実施

2016年、日本とシンガポールは外交関係樹立から50年を迎える。それを記念し、シンガポール政府観光局日本支局(STB)と日本政府観光局(JNTO)は、「日星外交関係樹立 50 周年における両国間の観光交流促進のための協力覚書」を締結した。

そもそもシンガポール共和国は、隣国であるマレーシアの一部だったが、1965年に分離・独立。日本はその翌年の1966年に国交を結び、以来50年間、両国のあいだに大きな懸案事項が生ずることもなく、要人の往来も非常に盛んに行われてきた。ASEAN加盟国の中でも、日本ときわめて友好的な国のひとつといってよい。

この覚書の締結を契機にSTBとJNTOが取り組むのが「SJ50」記念事業だ。同事業の核となるのは観光を媒介にした両国間交流の促進だろう。それは、SJ50の事業プランをみても明らかだ。

JNTOが予定しているSJ50の事業プランのうち、おもな施策は以下のとおり。シンガポール現地で営業する日本食店約80店を利用すると、抽選で訪日旅行券などが当たる「Japanese Restaurant Week in Singapore」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.