くらし情報『ソフトバンク、「IBM Watson」日本語版の提供を開始 - スマホへの導入は?』

2016年2月18日 19:35

ソフトバンク、「IBM Watson」日本語版の提供を開始 - スマホへの導入は?

ソフトバンク、「IBM Watson」日本語版の提供を開始 - スマホへの導入は?
ソフトバンクと日本アイ・ビー・エムは18日、自然言語処理能力を持った機械学習システム「IBM Watson」の日本語版提供を開始した。

IBM Watson」は、システムの感知、学習、経験を通じて人と同じように言葉の意味を理解できるというプラットフォーム。IBMは、自然言語を理解し、人間の意思決定を支援するための「コグニティブ・コンピューティング・システム」と称している。提供開始した日本語版では、以下の6種類のAPIを用意する。

自然言語分類: 異なる質問でも意図や意味を理解し、ユーザーが回答を見つけ出せる製品やアプリを開発可能
対話: 質問する人間の個人的なスタイルに合わせた会話が可能
検索およびランク付け: データのなかにある「信号」を検知し、ユーザーの情報検索の精度を向上する
文書変換: PDFやWord、HTMLなど異なるフォーマットのコンテンツをIBM Watsonに最適化する
音声認識
音声合成

IBM Watson」自体は、主に法人に向けて提供されるものだが、コンシューマーにとってもメリットがある。例えば、アパレル業界で導入されれば、ユーザーはIBM Watsonと「黒のジャケットが欲しい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.