くらし情報『「エラー53」でiPhoneが文鎮になるってどういうこと? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ』

2016年2月22日 13:21

「エラー53」でiPhoneが文鎮になるってどういうこと? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

「エラー53」でiPhoneが文鎮になるってどういうこと? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『「エラー53」でiPhoneが文鎮になるってどういうこと?』という質問に答えます。

***

パソコンでiPhoneを復元しているとき、「エラー53」というメッセージが現れ使用できなくなる現象は、iOS 9が公開されてから報告されるようになりました。なんらかの原因で操作もバックアップ復元も不能になったiPhoneは、重しにしかならない状況を揶揄して「文鎮」などと呼ばれますが、エラー53はまさに文鎮化宣告といえます。

そのエラー53が発生する原因は、指紋認証機構(Touch ID)関連の不具合です。Touch IDを搭載するiPhoneは、アップデートまたはバックアップから復元する処理の過程で、正規のTouch IDセンサーかどうかシステムチェックが実施されます。Appleが想定しない方法でTouch IDモジュールが修理・交換され、その結果未確認または規定外のTouch IDモジュールが検出された場合に、エラー53が発生するのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.