くらし情報『「ペット保険」は入るべきか? - 加入時に注意したい点を解説』

2016年2月24日 08:00

「ペット保険」は入るべきか? - 加入時に注意したい点を解説

「ペット保険」は入るべきか? - 加入時に注意したい点を解説
がんや成人病で治療費が大変……、最近では人間と同じような悩みがペットでも起きています。家族同様に大切に育てている人が増えるに比例して、ペットも寿命が長くなっている昨今、それに伴うように様々な病気で病院にかかる機会も増えているようです。

愛犬、愛猫と一日でも長く一緒にいられるのはうれしい限りですが、病気やケガで治療にかかるのは人間以上に大変かも。大事なペットと最後まで楽しく暮らせるように、早めに備えておくべき保険について考えてみましょう。

○ペットも長生きするようになって医療費は高額傾向に!

家族の一員として、人によっては家族以上に大切にしている愛犬、愛猫たちが病気やケガをしたときには、十分な治療を受けさせたいと考えるのはごくごく普通のことです。

ただ、人間と違ってペットの治療には公的な保険は利きません。治療費は全額自己負担となるのでその費用は高額になりがちです。

大事なペットが病気やケガで治療が必要になった場合、病気やケガの程度によっては治療費が数万円~数十万円かかる可能性があります。いくら家族同然にかわいがってきたからといっても先立つものがなければ十分な治療を受けさせてあげられません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.