くらし情報『千葉ロッテマリーンズがバックスクリーンを更新、屋外球場で最大サイズに』

2016年3月5日 08:00

千葉ロッテマリーンズがバックスクリーンを更新、屋外球場で最大サイズに

千葉ロッテマリーンズがバックスクリーンを更新、屋外球場で最大サイズに
千葉ロッテマリーンズは3月1日、本拠地の「QVCマリンフィールド」で、三菱電機の「オーロラビジョン」5面を導入した。

メインスクリーンは今回の更新で、国内の屋外球場で最大サイズ(三菱電機調べ)となる縦10.08m×横28.8m(1201型)のものを採用し、既設のもの(縦9.6m×横10.08m、548型)に比べ約3倍の大きさとなった。

また、レフト/ライトにも大型サブスクリーンを採用し、縦5.76m×横20.16m(825型)の2面を設置した。あわせて、バックネット裏のサブスクリーン2面も更新している。

これらの大型映像装置は同期連動が可能で、マリンウィングビジョンを含めて1つのコントロールシステムで制御できる。また、球場上空の風向風速表示に加えて、グラウンド上の風向風速表示も新たに行うという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.