くらし情報『横浜流星、精悍なヒゲ姿で登場! 「嫌いになりかけた」評判の役に「嬉しい」』

2022年5月24日 18:27

横浜流星、精悍なヒゲ姿で登場! 「嫌いになりかけた」評判の役に「嬉しい」

横浜流星、精悍なヒゲ姿で登場! 「嫌いになりかけた」評判の役に「嬉しい」

映画『流浪の月』(5月13日公開)の大ヒット御礼舞台挨拶が24日に都内で行われ、広瀬すず、松坂桃李、横浜流星、多部未華子、李相日監督が登場した。

同作は凪良ゆうによる、本屋大賞受賞のベストセラー小説の映画化作。雨の夕方の公園で、びしょ濡れの9歳の家内更紗(広瀬)に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文(松坂)。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2カ月を過ごすことになるが、やがて文が更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。それから15年後、「傷物にされた被害女児」とその「加害者」という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会する。

公開された同作について、広瀬は「私の中で過去一くらいに反応が多くて、すごく長文でメールとか送ってくださる方もいれば、直接会っても『更紗だからあんまり言えない』と言われたりもして。とりあえず熱量だけたくさんいただいて、『なんて言っていいかわからない』という感想が一番多かったり」と明かす。「でも公開して2週間ほどでここまで見てくださる方がいるんだというのをすごく身近でも感じられているので、本当にありがたいと思う毎日です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.