くらし情報『是枝裕和監督、カンヌ映画祭レッドカーペットに登場「納得ができる作品で帰ってこられてうれしい」』

2022年5月27日 06:53

是枝裕和監督、カンヌ映画祭レッドカーペットに登場「納得ができる作品で帰ってこられてうれしい」

是枝裕和監督、カンヌ映画祭レッドカーペットに登場「納得ができる作品で帰ってこられてうれしい」

是枝裕和監督作品『ベイビー・ブローカー』(6月24日公開)が「第75回カンヌ国際映画祭」のコンペティション部門に正式出品されたことを受け、是枝監督、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(歌手名:IU)、イ・ジュヨンの5人がカンヌ入りし、現地時間26日にレッドカーペットを歩いて公式上映の会場に入った。

本作は、赤ちゃんポストをきっかけに出会った赤ん坊の母親、ベイビー・ブローカーの男たち、そして彼らを現行犯逮捕しようと静かに追いかける刑事――彼らが絡み合いながら繰り広げる一風変わった旅路を描くヒューマンドラマ。是枝監督作品がカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出されるのは、最高賞のパルムドールを受賞した2018年の『万引き家族』以来4年ぶり、6回目(同映画祭への出品自体は8回目)となる。また本作は韓国の製作・俳優陣と長年温めてきたオリジナル企画を映画化した是枝監督初の韓国映画となり、2020年アカデミー賞作品賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』のソン・ガンホが主演を務める。

カンヌの澄み渡る空の下、大勢の取材陣や観客が注目する中、レッドカーペットに黄色い歓声と共に迎え入れられたのは、アルマーニのタキシードにサングラスをかけた正装の是枝裕和監督と、同じくタキシードにサングラスの出で立ちでひげをたくわえ、さすがの貫録を見せるソン・ガンホ率いる『ベイビー・ブローカー』チーム。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.