くらし情報『NTT Com、AI技術活用した不審者の動体検出の実証実験に成功 - ALSOKと連携』

2016年3月30日 16:49

NTT Com、AI技術活用した不審者の動体検出の実証実験に成功 - ALSOKと連携

NTT Com、AI技術活用した不審者の動体検出の実証実験に成功 - ALSOKと連携
NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は3月30日、Deep Learning(深層学習)などを含む人工知能(AI)技術を活用し、不審者の動作検出や複数カメラに映る同一人物の推定などを実証する実験を綜合警備保障(ALSOK)と連携して、2015年12月~2016年1月に実施し、高い精度での検出に成功したと発表した。

近年、オフィス商業ビルをはじめとした都市空間や大規模イベント会場等、不特定多数の人が集まる環境下では、施設・空間におけるインシデント(事故)発生時の対処・被害拡大防止に加え、犯罪等の予兆検知・未然防止の必要性が高まってきている。

また、昨今の国際情勢を受け、比較的警備が厳重でないソフトターゲットにおけるテロなどへの脅威に対し、警戒・警備の強化が求められている。こうした状況を踏まえ、NTT Comは新たにAIを活用した動作検知技術や再照合技術を取り入れることで、不審者の検出や人物特徴に基づく画像検索精度を向上させ、ALSOKなどとともに警備品質の向上を目指すとしている。

NTT Comは、ALSOKとの共同実証実験において、再照合技術と時系列Deep Learning技術の2つの技術について高い精度での検知を実現したという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.