くらし情報『戸次重幸、結婚後初主演ドラマに「自分でお尻を出すと言ってしまった」』

2016年3月31日 14:30

戸次重幸、結婚後初主演ドラマに「自分でお尻を出すと言ってしまった」

戸次重幸、結婚後初主演ドラマに「自分でお尻を出すと言ってしまった」

演劇ユニット・TEAM NACKSの戸次重幸が31日、都内銭湯で行われたテレビ東京系ドラマ『昼のセント酒』(4月9日スタート 毎週土曜24:20~)の会見に、共演の八木亜希子、柄本時生、廣田あいか(私立恵比寿中学)、金子大地と共に出席した。

同作は、人気漫画『孤独のグルメ』の原作者・久住昌之のエッセイを原案に、平日の昼間から銭湯に入り、明るいうちから一杯飲むという大人の道楽を描く。戸次演じる内海孝之は広告会社の営業職だが成績は最下位で、唯一の楽しみが仕事をさぼって銭湯に入り、ビールを飲むこと、という設定。戸次の上司・堂園を八木、同僚を柄本、廣田、金子が演じる。戸次は2015年9月の結婚後、初のドラマ主演となる。

戸次は今回の役柄について「絶対に会社にいてはいけない人物だと思いながらやっています」と苦笑まじりに明かし、「悪気がないから、話し合いができないんですよね。そりゃあ、上司もイライラしちゃいますよ」と真面目な面を見せた。もし仕事をサボれるなら何をしたいか? という質問にも「ありえないでしょう。ドラマ撮影中にいなくなって銭湯行ってたら、役者生命終わりです! もう新聞に載りますよね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.