くらし情報『古舘氏、後任・富川アナにエール!「言うべきことは言う」報ステ魂を受け継ぐ』

2016年4月1日 09:35

古舘氏、後任・富川アナにエール!「言うべきことは言う」報ステ魂を受け継ぐ

古舘氏、後任・富川アナにエール!「言うべきことは言う」報ステ魂を受け継ぐ

2004年4月からテレビ朝日系報道番組『報道ステーション』(毎週月~金曜21:54~)のキャスターを務めた古舘伊知郎氏(61)が、3月31日の最後の出演で、報道番組のあり方を熱く語り、後任の富川悠太アナウンサー(39)にエールを送った。

番組最後のスピーチで、視聴者への感謝の思いと降板理由を説明した古舘氏。「自分なりの言葉でみなさんを楽しませたいわがままな欲求が募ってまいりました」「なんらかの圧力がかかってやめさせられるとかいうことでは一切ありません」と圧力を否定した上で、「ただ、報道番組で昔よりもいろんな発言ができなくなりつつある空気は感じています」と切り出した。

古舘氏は「つるんつるんの無難な言葉で固めた番組などちっとも面白くありません」と主張し、「人間がやっているんです。人間は少なからず偏っていきます。だから、情熱をもって番組を作れば多少は番組は偏るんです。しかし、全体的にほどよいバランスに仕上げ直せば、そこに腐心をしていけばいいという信念を私は持っています」と熱弁。「私の中でも育ってきた"報道ステーション魂"を後任の方々にぜひ受け継いでいただいて、言うべきことは言う、間違いは謝る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.