くらし情報『フリック入力が大好きなあなたへ、Google日本語入力が物理キーボードを提供』

2016年4月1日 11:20

フリック入力が大好きなあなたへ、Google日本語入力が物理キーボードを提供

フリック入力が大好きなあなたへ、Google日本語入力が物理キーボードを提供
Googleは4月1日、Google日本語入力の物理フリックバージョンを発表した。

Google日本語入力は、2015年にピロピロバージョン、2014年にマジックハンドバージョン、2013年にパタパタバージョンの提供を開始しており、5年連続6度目の4月1日の新製品発表となった。

物理フリックバージョンは、いつでもどこでも、フリック入力が可能になるというもの。一般的なキーボードでは、両手を利用しなければならないが、物理フリックバージョンであれば、片手でどこでも簡単に日本語を入力できる。

動画では、開発者たちがどや顔でフリック入力の物理キーボード化の意義を説明している。キーボードには20のセンサーが備え付けられており、Bluetoothでデバイスに接続可能だ。

また、同時に発表されたフリックセンサーはより最先端の機能を搭載している。格子状に区画分けされた模様があれば、センサーを取り付けるだけでどれでもフリック入力ができる。例としては、電卓やチェス盤、板チョコ、メロンパン、街路の区画など、綺麗に格子状になっていれば、なんでもイケる。

ただし、これらはエイプリルフール企画ですので、実際には販売されません。ご了承ください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.