くらし情報『10分でだいたい分かるMicrosoft Build 2016(2日目)まとめ』

10分でだいたい分かるMicrosoft Build 2016(2日目)まとめ



Microsoftはクラウド系アプリケーションの開発や俊敏性の高い拡張を行う「Azure Service Fabric」をラインナップに加えているが、そのデモンストレーションとしてIllyriad Gamesの「Age Of Ascent」を取り上げた。

Visual StudioからAzure Service Fabricへコードを発行し、そのままゲームバランスを調整。このAzure Service Fabricは本日GA(General Availability)を迎え、スタンドアローン版のプレビューも近日公開予定となる。

○Build 2016の内容はChannel 9で視聴可能

ゲームエンジン「Unity」とARライブラリの「Vuforia」を使ってチラシからトラクターを3D化し、それをMicrosoft Hololensで映し出すデモンストレーションも披露した。

この他にもDocumentDBやMicrosoft Graph、Power BI Desktopの活用例が披露されたが、ここでは割愛する。

今回もユニークな技術や驚きの発表が続いたBuild 2016の模様は、Microsoftの動画サイト「Channel 9」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.