くらし情報『剛力彩芽、いじめ役・中村俊介から突然の謝罪「いつもごめんなさい」』

2016年4月4日 05:00

剛力彩芽、いじめ役・中村俊介から突然の謝罪「いつもごめんなさい」

剛力彩芽、いじめ役・中村俊介から突然の謝罪「いつもごめんなさい」

女優の剛力彩芽が2日、東京・汐留の日本テレビで、4月7日にスタートする読売テレビ・日本テレビ系主演ドラマ『ドクターカー』(毎週木曜23:59~24:54)の完成披露試写会に登場し、自身をいじめる役を演じる中村俊介から、突然の謝罪を受けた。

同作は、医師が同乗して現場に赴き、救命処置を行う「ドクターカー」が題材のヒューマン医療群像劇。剛力ふんする天童一花は、救命医療の理想に燃える新人ドクターで、5歳の息子・一太郎(横山歩)のシングルマザーという役どころだ。

剛力にとって初の医師役で、処置をする体制がつらくて全身筋肉痛になり、手術のリアルさの表現方法も「どこまでやればいいのか試行錯誤しながらですし、難しいことだらけです」と苦労を明かす。さらに、初の母親役でもあり、5歳というある程度成長した息子を持つ人間の心境を理解するのも「難しさがありますね」と語った。

共演の中村演じる朝城勇介は、剛力の上司で、病院の理事長(かたせ梨乃)の1人息子だが、コストパフォーマンスの悪いドクターカーを廃止しようと画策する役柄。このため、ドクターカーに可能性を感じる剛力をとことんいじめていき、第1話から、泥の地面に剛力をたたきつけ、「役立たず、邪魔だ、消えろ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.