くらし情報『日本マイクロソフト、Windows 10のPCゲーム環境を強化 - プラットフォームの次はコンテンツへ』

2016年4月4日 20:54

日本マイクロソフト、Windows 10のPCゲーム環境を強化 - プラットフォームの次はコンテンツへ

シリーズ初のWindows 10版をリリースする「Forza Motorsport 6: Apex」は、DirectX 12により4Kへ対応し、基本プレイは無料となる。

そして4月7日にリリース予定の「Quantum Break」は、「The Max Payne」シリーズでお馴染みのRemedy Entertainmentが手がけるアクションゲームだ。その他にもサードパーティー各社から「BIOHAZARD UMBRELLA CORPS」や「DARK SOULS III」「三國志13」など多くのPCゲームタイトルがリリースされる。

Microsoft/日本マイクロソフトがPCゲームに強くコミットする理由は、Microsoft Head of XboxのPhil Spencer氏が以前のイベントで発言した「Better for Gamers」が大きい。井上氏も自社の取り組みとして、「DirectX 12と4Kによるゲーム体験は、ユーザーが楽しみたいデバイスを選べるように、Windows 10版とXbox One版の同時リリースをファーストパーティーとして注力する」と説明した。

意地が悪い言い方をすると、残念ながらXbox Oneは日本国内で盛り上がりを見せているとは言い難い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.