くらし情報『千葉雄大、妻夫木聡ら先輩に感謝「2億円分くらいご馳走してもらった」』

2016年4月6日 22:44

千葉雄大、妻夫木聡ら先輩に感謝「2億円分くらいご馳走してもらった」

千葉雄大、妻夫木聡ら先輩に感謝「2億円分くらいご馳走してもらった」

俳優の千葉雄大(27)、妻夫木聡(35)らが6日、東京・銀座で行われた時代劇映画『殿、利息でござる!』(5月14日公開)の完成披露試写会に参加した。

磯田道史氏の『無私の日本人』(文春文庫)の一編「穀田屋十三郎」を原作とする本作は、江戸中期の仙台藩吉岡宿を舞台とする物語。庶民が年貢に苦しむ街を救うため、穀田屋十三郎(阿部サダヲ)らが千両集めて殿様に貸し付け、利息を取ろうというストーリーにちなんで、舞台挨拶では「もしも千両(3億円)あったら何に使うか」という質問にキャストたちが答えた。

最初のあいさつで「こんなみなさんと一緒にこの舞台に立てることを本当にうれしい」と喜びを語った千葉は、「諸先輩方に撮影中にご馳走になったので、お返しして『あぁいいよ、今日俺出すよ』って言いたいですね」と返答。「2億円分くらいご馳走してもらいました」と続け、「みなさん、行きましたよね?」と確認すると、妻夫木聡が「行った行った! 1億5000万くらい使った」と返して笑わせた。

主演の阿部は「このキャストの方たちを中心にすごい良い現場で楽しかったので、もう一度同じスタッフさん、キャストの方たちと違うものを作れたら」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.