くらし情報『小倉あんは京都府発祥ってご存知? 二尊院で「小倉あん発祥地顕彰式」開催』

2014年3月21日 07:30

小倉あんは京都府発祥ってご存知? 二尊院で「小倉あん発祥地顕彰式」開催

小倉あんは京都府発祥ってご存知? 二尊院で「小倉あん発祥地顕彰式」開催
京都府京都市右京区の二尊院で、「小倉あん発祥地顕彰式」が行われる。開催日時は3月23日。式典は10時30分からで、11時からはぜんざいが振る舞われる。

○「小倉ぜんざい」を無料で振る舞う

「小倉あん」は809年頃、空海が小豆の種を中国から持ち帰り小倉山で栽培し、菓子職人の和三郎がその小豆であんを作り、御所に献上したのが始まりと言われている。

同式典では、小倉山で日本で最初に小豆を栽培し、あんこを炊いたとされることを顕彰するとともに、境内で「小倉ぜんざい」が振る舞われる。なお、「小倉ぜんざい」のサービスはなくなり次第終了する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.