くらし情報『フット後藤、『M-1』優勝後の苦悩を告白「『いける』と思っていた」』

2022年6月23日 11:15

フット後藤、『M-1』優勝後の苦悩を告白「『いける』と思っていた」

フット後藤、『M-1』優勝後の苦悩を告白「『いける』と思っていた」

お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基が22日、坂上忍が司会を務めるABEMAトーク番組『デマ投稿を許さない』(毎週水曜23:30~)にゲスト出演し、『M-1グランプリ』(ABCテレビ・テレビ朝日系)優勝後の苦悩を告白した。

2003年の第3回で『M-1』王者となったフットボールアワー。当時、業界内で「フットボールアワーは扱いづらい」という印象を抱かれていたことを、後藤は「実際そんなところもありました」「大阪から出てきて『自分らはいける』と思っていた」と振り返り、番組などで用意された企画書を見て「それ面白いですかね?」と返すなど、尖っていた時代があったという。

また、『M-1』優勝直後は様々な番組に呼ばれたものの、その後のオファーは次第に減少。そんな状況の中、2005年に『M-1』優勝を飾ったブラックマヨネーズに「ビビったんですよ。おもろすぎて」と衝撃を受けた。悔しさや焦りから「誰もやってない“V2”を狙おう」と一念発起し、2度目の優勝を目指した経緯を明かした。

ところが、「岩尾はプライド高いから『今じゃない!』みたいな」「4時間特番一言も喋らない。それでベンツ乗って帰っていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.