くらし情報『小倉智昭、ベッキー不倫騒動の収束を予感「文春で始まって文春で終わる」』

2016年4月27日 12:04

小倉智昭、ベッキー不倫騒動の収束を予感「文春で始まって文春で終わる」

小倉智昭、ベッキー不倫騒動の収束を予感「文春で始まって文春で終わる」

小倉智昭キャスター(68)が、27日に放送されたフジテレビ系情報番組『とくダネ!』(毎週月~金8:00~9:50)で、ベッキー(32)が週刊誌『週刊文春』に手紙を送ったことについてコメントした。

今年1月、ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音(27)との不倫が発覚し、休業へと追い込まれてしまったベッキー。27日発売の同誌では、和紙の便箋5枚にわたって直筆で書かれた内容が公開され、手紙では川谷の妻と対面して謝りたい気持ちや、会見で「友人関係」と言ったことへの反省などがつづられている。ベッキーから手紙を託された所属事務所社長が22日、直接編集部まで届けに来たという。

一連の騒動を受け、小倉キャスターは「自分でまいた種とはいえ、ベッキーさんは『週刊文春』で報道されたことによって結果的にはすべての仕事を失ってしまった」と同情しつつ、事の発端となった同誌に謝罪文を送ったことについて、「すべて、文春からはじまって文春で終わるのかな」と事態の収束が近づいていることを予感。

いまだに復帰の目処が立たないベッキーだが、音楽活動を続けている川谷はCDの売れ行きも好調。小倉キャスターはそのことに触れ、「ライブだってソールドアウトでしょ? たしかに良い歌を歌ってはいるんだけど、歌詞の内容も妙にそれらしい歌詞が多い」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.