くらし情報『北野日奈子、乃木坂46卒業後初舞台で“一途な女心”に難しさ「私にはまだわからないところなので」』

2022年6月28日 19:00

北野日奈子、乃木坂46卒業後初舞台で“一途な女心”に難しさ「私にはまだわからないところなので」

北野日奈子、乃木坂46卒業後初舞台で“一途な女心”に難しさ「私にはまだわからないところなので」

●メンバーのいない現場に緊張も…稽古で楽しさ実感
今年4月にアイドルグループ・乃木坂46を卒業した北野日奈子が、7月8日~18日に東京・紀伊国屋ホールで上演される舞台『蒲田行進曲完結編 銀ちゃんが逝く』でヒロイン・小夏役を演じる。北野にインタビューし、乃木坂46卒業後初の舞台出演への意気込みを聞いた。

同舞台は、演劇界の巨星・つかこうへいさんの十三回忌追悼公演「つかこうへいLonely 13 Blues」として上演。『蒲田行進曲』はつかさんの代表作で、今回はその名作の完結編にして完全版を目指す。主人公のスター俳優・銀ちゃんこと倉岡銀四郎を味方良介、子分のヤスをNON STYLEの石田明、銀ちゃんの恋人・小夏を北野が演じ、銀ちゃんが妊娠している小夏をヤスに押し付けるところから物語は始まる。

――出演が決まったときの心境からお聞かせください。

お話をいただいたときは作品について知らなかったのですが、タイトルを聞いただけで、きっとすごく大きな舞台なんだろうなと思い、声が出なかったです。なんかヤバそうって(笑)

――つかこうへいさんの追悼公演ということでも重みを感じましたか?

本当に感じました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.