くらし情報『「2016年春ドラマ」傾向分析&オススメ5作発表! - 婚活、弁護士…なぜジャンルがかぶったのか?』

2016年5月4日 10:00

「2016年春ドラマ」傾向分析&オススメ5作発表! - 婚活、弁護士…なぜジャンルがかぶったのか?

「2016年春ドラマ」傾向分析&オススメ5作発表! - 婚活、弁護士…なぜジャンルがかぶったのか?

4月29日に『不機嫌な果実』(テレビ朝日系)、4月30日に『トットてれび』(NHK)が放送され、ようやく全ての春ドラマがそろった。

今や目安の1つでしかないとは言え、視聴率では『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)が1話15.5%、2話19.1%、3話16.2%を記録するなど、頭一つ抜けたと言っていいだろう。一方で裏番組の『OUR HOUSE』(フジテレビ系)は、1話4.8%、2話5.0%、3話4.0%と予想以上の大苦戦で明暗が分かれた。

しかし、当然ながらドラマの面白さと視聴率はあくまで別問題。春ドラマで本当に面白くて、今後が期待できるのはどの作品なのか? 今回もドラマ解説者の木村隆志が、俳優名や視聴率など「業界のしがらみを無視」したガチンコで、今クールの傾向とオススメ作品を探っていきます。

春ドラマの主な傾向は、[1]春らしい出会いと恋愛[2]朝ドラヒロインが百花繚乱[3]オリジナル脚本ありきの大勝負[4]婚活、弁護士……まるかぶりの理由は?の4つ。

○傾向[1]春らしい出会いと恋愛

前期の冬ドラマは重苦しい世界観の作品が多かったが、春の訪れとともにムードが一変。『世界一難しい恋』(日本テレビ系)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.