くらし情報『稲川淳二、本人役で9年ぶりドラマ出演 - 主演・珠理奈「怖い要素が増えた」』

2016年7月6日 08:00

稲川淳二、本人役で9年ぶりドラマ出演 - 主演・珠理奈「怖い要素が増えた」

稲川淳二、本人役で9年ぶりドラマ出演 - 主演・珠理奈「怖い要素が増えた」

怪談家の稲川淳二が、7月13日スタートのTBS系ドラマ『死幣』(TBS系 毎週水曜24:10~24:40)の第2話に本人役で出演することが5日、わかった。ドラマ出演は、2007年放送の『陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~』(NHK)以来、約9年ぶりとなる。

同ドラマは、「呪われた一万円札=死幣」を手にした人間が次々と不可解な死を遂げるというホラーサスペンス。稲川は第2話に本人役として出演する。主人公・南由夏(松井珠理奈)の妹・南小夢(清原果耶)は稲川淳二の大ファンで彼を"イナジュン"と呼び、"イナジュンお守り"を持ち歩いているほど。稲川は、劇中で"死幣"にまつわる怪談も披露。また、現在放送中の番組スポットのナレーションも担当している。

稲川は、怪談家としての活動に専念するため、2007年の出演以来ドラマに出ることを控えていたが、本作プロデューサーの熱烈アプローチにより出演を決意。「TBSのホラードラマで、なおかつ本人役。本人役というのは本当に有り難い話です。この先、もうこんな幸運ないかもしれませんねぇ」と感激し、「久しぶりのテレビドラマで怪談と演技を両方できるっていうのは、本当に感動しています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.