くらし情報『"長身イケメン"成長の濱田龍臣、オーディションに落ちてわかった役者の本質』

2016年9月12日 08:00

"長身イケメン"成長の濱田龍臣、オーディションに落ちてわかった役者の本質

"長身イケメン"成長の濱田龍臣、オーディションに落ちてわかった役者の本質

●子役と、役者の違い
NHK大河ドラマ『龍馬伝』や、映画にもなったドラマ『怪物くん』などに出演し、その愛くるしい姿で日本中の話題をかっさらった子役・濱田龍臣。高校生になり、身長が174cmに伸びると、今度は「イケメンすぎる」と話題になった。

最新映画『ハイヒール革命!』(9月17日公開)では、10代の終わりに男から女に生まれ変わった真境名ナツキの少年時代を担当し、ドキュメンタリーパートと回想パートが交互に示される構成の中で、女装にも挑戦。自分の性別や周囲の人間と向き合う姿をみずみずしく演じた。15歳にして、役者としての自覚を強く持つ、様々な役に挑戦したいと語る。

○オーディションに落ちたことで成長

――子役の頃のイメージを持っているとびっくりするくらい成長されていますが、やっぱり周りの方から驚かれたりしますか?

そうですね、中学校の時に共演された方でも、今会うと大きくなったねと言われます(笑)。

――小さい頃と比べて、お仕事で求められることにも変化が起きてきたりするのでしょうか?

小さい頃は「セリフが言える」「TVの前でも言われた通りに動ける」ということだけでよかったけど、今は役を理解して、自分で飲み込んでから表現しなくてはいけません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.