くらし情報『夜回り先生、橋之助の謝罪会見をバッサリ「みっともない」「見得を切れ」』

2016年9月15日 09:14

夜回り先生、橋之助の謝罪会見をバッサリ「みっともない」「見得を切れ」

夜回り先生、橋之助の謝罪会見をバッサリ「みっともない」「見得を切れ」

"夜回り先生"こと水谷修氏(60)が15日、TBS系情報番組『白熱ライブ ビビット』(毎週月~金8:00~9:54)に生出演。15日発売の週刊誌『週刊文春』で30代の芸妓との不倫疑惑が報じられることを受け、14日に謝罪会見を開いた歌舞伎俳優の中村橋之助(51)について、「みっともない」と言い放った。

10月に歌舞伎の大名跡である8代目・中村芝翫(しかん)を襲名する橋之助。不倫報道を受けて開いた緊急会見では、「恋人関係ということ?」「お認めになったということ?」といった質問に対し、8回も「私の不徳の致すところでございます」と繰り返し、妻でタレントの三田寛子からきつく叱られたと明かした。

番組では、「不徳の致すところ」という言葉の意味をあらためて紹介。水谷氏は「人として道にそむくこと」という意味で使ったのであれば正しいが、「自分の不徳が原因で好ましくない事態になったこと」という意味で使用したのであれば「あまりおもしろくない」と言い、「どっちで使っているか問題。"好ましくない"というのは彼の勝手。もっと好ましくない、嫌な思いをしたのは奥さんと彼女」との見方を示した。

続けて、橋之助について「弱い、みっともない人ですね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.