くらし情報『玉木宏、俳優のきっかけ・萩原聖人との初共演に感慨 - 相武紗季の"巨悪"は?』

2016年9月21日 14:49

玉木宏、俳優のきっかけ・萩原聖人との初共演に感慨 - 相武紗季の"巨悪"は?

玉木宏、俳優のきっかけ・萩原聖人との初共演に感慨 - 相武紗季の"巨悪"は?

俳優の玉木宏が21日、東京・六本木のテレビ東京で行われた、主演を務める同局系スペシャルドラマ『巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲』(10月5日21:00~)の制作発表会見に登場。自身が俳優を目指した作品で主演を務めていた萩原聖人と、今作で初共演を果たすことになり、感慨を示した。

同作は、『ハゲタカ』『コラプティオ』などの作品で知られる作家・真山仁氏の長編作品『売国』を原作とした社会派ドラマ。「正義」と「夢」をテーマに、東京地検特捜部に赴任した検事・冨永真一(玉木)が、闇献金疑惑と宇宙開発にまつわる疑獄事件の裏に潜む悪に挑んでいく。

玉木は、萩原が主演を務めていたドラマ『若者のすべて』(1994年、フジテレビ系)を見て、「すごく影響を受けて、その時初めて(自分の)未来のことを想像したんです」といい、それがきっかけで役者のオーディションを受けたことを告白。

玉木が今回の撮影の際、冨永を補佐する検察事務官で出演する萩原にそのことを伝えると、萩原は「この仕事をして視聴者の反応はもちろんうれしいけど、僕が出演したものを見て目指してくれる人が、ここにいるんだっていうことがすごくうれしい」と喜んでくれたそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.