くらし情報『新番組で政界進出を狙う武井壮に、ブラマヨ小杉「野心が見えて仕方ない」』

2016年9月30日 13:30

新番組で政界進出を狙う武井壮に、ブラマヨ小杉「野心が見えて仕方ない」

新番組で政界進出を狙う武井壮に、ブラマヨ小杉「野心が見えて仕方ない」

陸上十種競技の元日本チャンピオンでタレントの武井壮がMCを務めるMBSテレビの新番組『戦え!スポーツ内閣』(10月5日スタート 毎週水曜 23:58~)の初収録が29日、大阪市内の同局で行われ、武井と同じくMC役のブラックマヨネーズ・小杉竜一、準レギュラーの篠原信一、青木愛らが参加した。

同番組は、2020年の東京オリンピック開催に向け、日本のスポーツの地位向上を目指すスポーツバラエティー。さまざまな競技のアスリートを"大臣"として迎え、議会になぞらえたトークで競技の舞台裏や選手たちの素顔を掘り下げながら、スポーツ界に"提言"を発信していく。

10月5日の初回には、リオ五輪柔道金メダリストの大野将平選手と、カヌー銅メダリストの羽根田卓也選手が登場。「美しい一本勝ち」で金メダルを獲得した大野選手がその裏に隠された葛藤を明かすほか、日本カヌーに初のメダルをもたらした羽根田選手が国内では「マイナースポーツ」といわれるカヌーへの思いを語るなど白熱のトークが繰り広げられた。

収録後には会見が行われ、武井、小杉、篠原、青木が出席した。武井は初収録までに、番組スタッフと「平均5時間のミーティング」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.