くらし情報『菅野美穂、松嶋菜々子との16年ぶり共演に興奮「胸に顔をうずめたい」』

2016年10月12日 06:00

菅野美穂、松嶋菜々子との16年ぶり共演に興奮「胸に顔をうずめたい」

菅野美穂、松嶋菜々子との16年ぶり共演に興奮「胸に顔をうずめたい」

女優の菅野美穂松嶋菜々子が11日、都内で行われた10月14日スタートのTBS系ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』(毎週金曜22:00~)の舞台挨拶に登壇し、16年ぶりの共演について思いを語った。

同ドラマは、プライド、虚栄心、嫉妬が交錯するきらびやかなタワーマンションで繰り広げられる女たちの闇を描く完全オリジナルのサスペンス。4年ぶりのドラマ主演となる菅野は、会社員の夫、高校生の長男、幼稚園児の長女のために一生懸命な主人公の専業主婦・高野亜紀役を、松嶋は亜紀を陥れる最凶の隣人・佐々木弓子役を演じる。2人の共演は、2000年に放送されたドラマ『百年の物語』(同局)以来、16年ぶり。

菅野は「菜々子さんとまた共演させていただけるっていう光栄に、事務所さんご本人ありがとうございます!」と大きな声で感謝。松嶋が「あのときは、三つ編みでセーラー服で…」と16年前を振り返ると、菅野は「ワンシーンだけだったんですけど、たたずまいから身のこなしが優雅で全然違うなと思っていました」と当時の印象を語った。

松嶋も「共演させていただけてとてもうれしい」と喜び、「役柄的にも策士なので、スタジオでお話しするという感じではないんですけど、この間も菅野さん主催でお食事会を開いていただいたりコミュニケーションはバッチリとれています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.