くらし情報『映画『暗殺教室』羽住監督の今だから話せる!? 大ヒット振り返り (2) 撮影中は男女の行き来禁止! 若い現場ならではの苦労とメリット』

2016年10月12日 11:00

映画『暗殺教室』羽住監督の今だから話せる!? 大ヒット振り返り (2) 撮影中は男女の行き来禁止! 若い現場ならではの苦労とメリット

映画『暗殺教室』羽住監督の今だから話せる!? 大ヒット振り返り (2) 撮影中は男女の行き来禁止! 若い現場ならではの苦労とメリット

松井優征原作・週刊少年ジャンプで連載していた大人気漫画『暗殺教室』を原作に映画化した『暗殺教室』『暗殺教室~卒業編~』が、2作合計の興行収入60億円超えの大ヒット。<卒業編>のBlu-ray&DVDが12日に発売となる。学園の落ちこぼれクラスに担任として現れた、地球破壊を予告した謎の超生物「殺せんせー」の暗殺を命じられた生徒たちが成長していく姿を描く。

映画の取材と言えば、公開前が主になるが、実はネタバレへの配慮などでしゃべれないことも多い。今回は映像ソフト発売に合わせて、羽住英一郎監督に、重大なネタバレは控えつつも今だから話せる裏話や、プロジェクト全体の振り返りを伺っていく。

○1作目のヒットを踏まえたからこそ、いい2作目に

――「殺せんせー」役は嵐の二宮和也さんですが、1作目では声のみの出演だったのはぜいたくですよね。<卒業編>の回想シーンではじめて姿が出てくるという。

1作目がヒットして<卒業編>を作れれば、殺せんせーの過去として暗殺者・死神というキャラクターが出てくることは最初からわかっていたので、そこは二宮和也くんにやってもらいたいなと思っていました。無事に続編が出来て、死神役として二宮和也くんに出てもらえて良かったです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.