くらし情報『映画『暗殺教室』羽住監督の今だから話せる!? 大ヒット振り返り (3) 「アイドル」としての山田涼介を知らなかった』

2016年10月13日 11:00

映画『暗殺教室』羽住監督の今だから話せる!? 大ヒット振り返り (3) 「アイドル」としての山田涼介を知らなかった

映画『暗殺教室』羽住監督の今だから話せる!? 大ヒット振り返り (3) 「アイドル」としての山田涼介を知らなかった

松井優征原作・週刊少年ジャンプで連載していた大人気漫画『暗殺教室』を原作に映画化した『暗殺教室』『暗殺教室~卒業編~』が、2作合計の興行収入60億円超えの大ヒット。<卒業編>のBlu-ray&DVDが好評発売中。

映画の取材と言えば、公開前が重になるが、実はネタバレなどでしゃべれないことも多い。今回は映像ソフト発売に合わせて、羽住英一郎監督に、重大なネタバレは控えつつも、今だから話せる裏話や、プロジェクト全体の振り返りを伺っていく。

○本気のアクションシーン

――潮田渚役の山田涼介さん、赤羽業役の菅田将暉さんと、2人がそろったときの化学反応などは感じましたか?

アクションシーンはすごかったですね。練習は長いことやったんですけど、2人とも動けるし、気合いも入っていたので、撮影自体はスムーズにあっという間に撮れました。本来なら2日間くらいかけるんですが、1日で撮れたので、熱を持ったままその後の芝居に入ることができました。

実際に相手に当てるアクションをしているので、2人ともプロテクターをしているんですけど、役に入り込んでいるので、そのまま手が出ちゃって、プロテクターのないところにまで技が入ってしまったこともありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.