くらし情報『松田龍平がつくりあげた、愛すべき「ダメなおじさん」像 - 松田龍平×山下敦弘監督対談』

2016年10月30日 11:00

松田龍平がつくりあげた、愛すべき「ダメなおじさん」像 - 松田龍平×山下敦弘監督対談

松田龍平がつくりあげた、愛すべき「ダメなおじさん」像 - 松田龍平×山下敦弘監督対談

●監督も気づかないくらい自然に、立ち姿から変えた
作家・北杜夫の小説を実写化した映画『ぼくのおじさん』(11月3日公開)。小学4年生の雪男と、雪男の家に居候をしている"インテリぼんくら"なおじさんが、日本で、ハワイでユーモラスなやりとりを繰り広げる。

"漫画原作・ベストセラー&大宣伝至上主義"の邦画界とは離れた存在であるこの作品で、愛すべき"おじさん"を演じる松田龍平と、『もらとりあむタマ子』、『味園ユニバース』など、どこかだめな人を愛すべき人に描く山下敦弘監督に、今作についての話を聞いた。

○「ダメなおじさん」の説得力

――今回、しっかり者で作文の上手な雪男、そしてインテリで屁理屈を言う居候のおじさん、2人のやりとり、行動が作品の魅力をつくりあげていきますが、おふたりは雪男とおじさん、どちらのタイプが近いと思いますか?

山下:僕は、今となってはおじさんですかね。

――例えば、おじさんのこういうところに共感したとか。

山下:そう思うと、ないですかね。やっぱり雪男かもしれないです(笑)。おじさんは、あまりにも自分にないものばかりですね。

松田:僕はどちらかといったらおじさんかな? 旅行先に着いて早々、迷子になってしまう感じ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.