くらし情報『秋元康氏、欅坂46ナチス風衣装を謝罪「ありえない衣装」「監督不行き届き」』

2016年11月1日 20:17

秋元康氏、欅坂46ナチス風衣装を謝罪「ありえない衣装」「監督不行き届き」

秋元康氏、欅坂46ナチス風衣装を謝罪「ありえない衣装」「監督不行き届き」

アイドルグループ・欅坂46のメンバーが着た衣装がナチス・ドイツの軍服に酷似していると批判の声があがっている問題で、所属レコード会社のソニー・ミュージックと総合プロデューサーの秋元康氏が公式サイトを通じて謝罪した。

問題になったのは、10月22日のイベントでメンバーが着た衣装。ナチス・ドイツを連想させるとしてインターネット上で批判の声があがり、海外メディアにも報じられる事態となった。

批判を受け、ソニー・ミュージックは公式サイトに謝罪文を掲載。「10月22日に開催されましたハロウィンイベントにおいて、欅坂46が着用した衣装について、『ナチスドイツの軍服がモチーフではないか』とのお問い合わせ・ご指摘をいただいております」とし、「私どもの認識不足により、衣装の色やその他を含む全体のデザインが、そのようなイメージを想起させる部分があり、ご不快な思いをさせてしまったことに対し、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

また、「当該の衣装に関しては、今後一切着用いたしません」と説明。「今回のご指摘を真摯に受け止め、再発防止に努めてまいります。多くのみなさまにご心配とご迷惑をおかけいたしましたこと、重ねてお詫び申し上げます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.