くらし情報『地味スゴ・逃げ恥・ドクターXを世界にセールス! フジ大多亮氏が語る中国ビジネスとは? - 国際映像見本市「MIPCOM」(前編)』

2016年11月7日 13:30

地味スゴ・逃げ恥・ドクターXを世界にセールス! フジ大多亮氏が語る中国ビジネスとは? - 国際映像見本市「MIPCOM」(前編)

地味スゴ・逃げ恥・ドクターXを世界にセールス! フジ大多亮氏が語る中国ビジネスとは? - 国際映像見本市「MIPCOM」(前編)

●日本のドラマが世界市場でPR合戦
女優の石原さとみが主演する日本テレビ系ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』など、最新の秋ドラマが、世界中の映像コンテンツが取引される見本市「MIPCOM」(ミプコム)でセールスされた。

今回は、日本ドラマのリメイクも目立ち、松雪泰子&芦田愛菜の『Mother』や、杏&長谷川博己の『デート~恋とはどんなものかしら~』など、続々と海外版が展開されている。「日本のドラマが今、中国でビジネスになる」と語るのはフジテレビの大多亮常務。世界市場からみた日本のドラマとは?

林遣都、スターたちとのレッドカーペットに感激

世界100カ国からテレビ関係者が集結する「MIPCOM」は、フランス・カンヌで10月17日から20日まで開催。今年は日本が「カントリー・オブ・オーナー」としてトップスポンサーを務めるイベントが企画され、日本のドラマやバラエティ、アニメが、海外バイヤーやジャーナリストに紹介される場面がいつも以上に多かった。

初日のオープニングイベント会場では、綾瀬はるか主演のNHK放送90年大河ファンタジー『精霊の守り人』シーズン1の最終話と、世界初公開となるシーズン2のダイジェスト版が4KHDRという高画質で上映。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.