くらし情報『雨上がり決死隊、葬儀の供花は「決"志"隊」に - 心遣いに共演者感嘆』

2016年11月18日 15:46

雨上がり決死隊、葬儀の供花は「決"志"隊」に - 心遣いに共演者感嘆

雨上がり決死隊、葬儀の供花は「決"志"隊」に - 心遣いに共演者感嘆

お笑いコンビ・雨上がり決死隊宮迫博之蛍原徹が17日、フジテレビ系情報番組『バイキング』(毎週月~金11:55~13:45)に出演。葬儀の供花では、コンビ名を「雨上がり決死隊」と、「死」を「志」に変えていることを明かした。

番組では、爆笑問題太田光の母・瑠智子さんの葬儀告別式で、太田が「ドナルド・トランプです」とボケたニュースを取り上げ、MCの坂上忍は「芸人さんってツラくてすごいですね」とコメント。「あそこでボケるんだと思って…つくづく芸人さんってすごいなと思う」と感慨深げに話した。

そして、葬儀で花を出す際、芸人たちの名前がその場にふさわしくないことがあるという話題になり、東国原英夫は「柳憂怜(やなぎ・ゆうれい)っていう花が贈られてくる」とエピソードを披露。土田晃之も「花が一番問題」と言い、「先輩のお父さんが亡くなったときも、爆笑問題からも花が来て、大きな写真の横に爆笑問題、反対側にはX-GUN、バナナマンとか。あれはどうなんだろうなと思う」と語った。

すると宮迫が、「我々、雨上がり決死隊でしょ? お花出すときは、『死』の文字を『志』に変えます」と告白。出演者たちから「へー!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.