くらし情報『ムロツヨシ、役者として「食べられる」ようになって3年 - "役作りをしない役者"が考える今後のプラン』

2016年12月4日 16:15

ムロツヨシ、役者として「食べられる」ようになって3年 - "役作りをしない役者"が考える今後のプラン

ムロツヨシ、役者として「食べられる」ようになって3年 - "役作りをしない役者"が考える今後のプラン

●共演者は「自己防衛のため」仲良しに
映画・ドラマ・舞台はもちろんのこと、果てはコントやバラエティのトークやコーナー出演でも強い印象を残していく俳優・ムロツヨシ。公開中の最新映画『疾風ロンド』では、謎の男・ワダハルオを演じ、コミカルな部分を見せただけでなく、アクションシーンにも挑戦した。

映画公開やドラマ放映につきものの「舞台挨拶」「記者会見」という場においては、客席を爆笑の渦に巻き込み、共演者とも深い関係を築く。多くの魅力を持ったムロは、役者としての自分について一体どのように考えているのか。

○怪しさを前面に出さない芝居

――今回は主人公たちを尾行する、ちょっと怪しい役どころでしたが、役作りはどのようにされていたのですか?

大前提として「スキーしか取り柄のない男」というセリフがあるので、スキーの練習はしましたね。人格的な部分では、役作りというよりも台本と現場での相談で作っていきました。監督にも「怪しいを前面に出すお芝居はいらない」と言われていたので、あえて"怪しさ"を意識することはありませんでした。

しかし、普通にやったら怪しく見えたという、私には計算外の感想をいただいています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.