くらし情報『石原さとみ、『地味スゴ』撮了で充実感「20代最後の作品がこれで良かった」』

2016年12月5日 18:00

石原さとみ、『地味スゴ』撮了で充実感「20代最後の作品がこれで良かった」

石原さとみ、『地味スゴ』撮了で充実感「20代最後の作品がこれで良かった」

女優の石原さとみがこのほど、日本テレビ系主演ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(毎週水曜22:00~23:00)のクランクアップを迎え、「20代最後の作品がこれで良かった」と満足の表情を見せた。

ファッション誌の編集者を目指して出版社に入社した、石原演じる河野悦子が、地味な校閲部に配属され、ド派手ファッションで大暴れする同作だが、最後の撮影は校閲部のセットで実施。ドラマの開始当初は殺風景だった部内の模様も、悦子の影響であちこちにかわいらしい細工が施され、すっかり様変わりしていた。

撮影したシーンは、いつもどおり意気揚々と調べものに飛び出していく悦子を、部長の茸原渚音(岸谷五朗)、米岡光男(和田正人)や藤岩りおん(江口のりこ)といったおなじみの面々が見守るシーンだった。

今年9月初旬のクランクインから約3カ月の撮影を終えた石原は「長いようで短かったこの3カ月。プライベートな時間も含めて、河野悦子のことだけを考えて生きてきた気がします」と役に没頭したことを告白。

実は女優業が地味だと思うこともあったそうだが、「これだけ反響があって、これまでドラマを見てこられなかった方たちにも見てもらえたりすると、お芝居って、女優業って、作品をみんなで作ることって、こんなにも楽しくて、影響力のあることなんだと知りました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.