くらし情報『ミラ・ジョヴォヴィッチの娘エヴァに観客メロメロ「かわいい~!」「天使」』

2016年12月14日 07:06

ミラ・ジョヴォヴィッチの娘エヴァに観客メロメロ「かわいい~!」「天使」

ミラ・ジョヴォヴィッチの娘エヴァに観客メロメロ「かわいい~!」「天使」

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』(12月23日公開)のワールドプレミアが13日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、主演のミラ・ジョヴォヴィッチ、シリーズすべてに携わりミラの夫でもあるポール・W・S・アンダーソン監督と共に、本作でハリウッドデビューを果たした2人の愛娘エヴァ・アンダーソンも登場した。

日本発の人気ゲームを映画化した『バイオハザード』シリーズ第6弾にして最終章となる本作。ミラ演じる美しきヒロイン・アリスと、世界をアンデッド化した元凶である宿敵アンブレラ社との最後の戦いを描く。エヴァは、物語の鍵を握る美少女レッドクイーン役を務め、親子初共演が実現した。

世界に先駆け日本で開催されたワールドプレミアでは、3人仲良く手をつないで登場。初来日を果たしたエヴァに「かわいい~!」と歓声が沸き起こり、「天使」という声も上がった。そして、駆けつけた810人の観客の熱気に包まれる中、レッドカーペットでファンサービスや取材に対応。エヴァも"女優"としてサインする姿が会場の大スクリーンに映し出されると、再び「かわいい~!」という声が響いた。

その後、ステージにキャスト&監督が再び集結し、日本のファンにあいさつ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.