くらし情報『加藤紗里への誹謗中傷は、どのような罪に問われるのか? 弁護士に聞いた』

2017年1月13日 10:00

加藤紗里への誹謗中傷は、どのような罪に問われるのか? 弁護士に聞いた

加藤紗里への誹謗中傷は、どのような罪に問われるのか? 弁護士に聞いた

ネットユーザーらによる芸能人への誹謗中傷は、どのような罪に問われるのか? 昨年12月25日、日本テレビ系情報番組『PON!』(毎週月~木10:25~11:30)にVTR出演したタレント・加藤紗里(26)は、2016年を「バッシングがつらかった」と振り返った。マスコミやコメンテーターに向けた言葉だったようだが彼女のブログコメント欄は他の芸能人にはない、ある"特徴"を確認することができる。

加藤といえば昨年、お笑い芸人・狩野英孝(34)との二股騒動で知名度が急上昇。ブログへのアクセスが殺到しアメブロランキングで1位になるなど、一躍時の人となった。先述した"特徴"というのはブログの読者コメント欄。昨年2月から多い時で数千、平均して数百のコメントが各記事に書き込まれているのだが、応援の声もある一方、そのほとんどが批判的な内容だ。最新の投稿(2016年12月30日)だけでも「妖怪おばさん」「気持ち悪い」「疫病神」「詐欺師」「ゴミ」「ドブス」「馬鹿」「消えろ」など日々、誹謗中傷の罵詈雑言で埋め尽くされている。

加藤はこれらの書き込みについて、「コメント監視はOFF」と宣言して放置。「コメントを見ると紗里は吐きそうになるから、紗里は見るけど心臓の弱い人は見ないでね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.