くらし情報『スマスマ最終回で反響のソフトバンク特別CM、関東で722万人が接触』

2017年1月17日 10:51

スマスマ最終回で反響のソフトバンク特別CM、関東で722万人が接触

スマスマ最終回で反響のソフトバンク特別CM、関東で722万人が接触

昨年12月26日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)最終回で放送されたソフトバンクの特別CMに、関東地区で722万人が接触したという調査結果を、ビデオリサーチが16日に発表した。

昨年末で解散したSMAPは、グループとしてソフトバンクのCMキャラクターを務め、海外ロケも行うなど数々のCMに出演。この特別CMは、20年9カ月にわたって放送されてきた同番組の中で、22時すぎに1分間という通常のCMより長尺で放送され、「オリジナルスマイル」をBGMに、SMAPが出演したCMをダイジェストでつなぐ間、「これまで あんなことや こんなこと いろいろしていただきました。今まで 本当に ありがとう。」と、テロップで感謝のメッセージが表示された。

そして最後に、北大路欣也が声を演じるお父さん犬が「さよならじゃ、ないよな?」と、解散しても別れではないと確認するかのような呼びかけで終了。以前のCMでは、最後に「SMAP→SoftBank」と表示されていたのが、今回の特別CMでは「SoftBank→SMAP」となっていたことも、「粋なはからい」と話題を集めていた。

18時30分から5時間弱にわたって放送された同番組だが、ビデオリサーチによると、同日22時時点に特別CMをリアルタイムで視聴した人は、関東1都6県で531万人に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.