くらし情報『山崎育三郎、『美女と野獣』ベル役エマ・ワトソンと対面「想像以上に素敵」』

2017年2月24日 16:00

山崎育三郎、『美女と野獣』ベル役エマ・ワトソンと対面「想像以上に素敵」

山崎育三郎、『美女と野獣』ベル役エマ・ワトソンと対面「想像以上に素敵」

ディズニーの実写映画『美女と野獣』(4月21日公開)のプレミアイベントが23日(日本時間24日)、イギリス・ロンドンのスペンサーハウスで開催され、主人公のベル役を務めたエマ・ワトソンと野獣役のダン・スティーヴンスが登場。日本語吹き替え版でベルの声を担当する昆夏美と野獣役の山崎育三郎も参加し、エマとダンとの対面が実現した。

故ダイアナ妃の祖先が建てたスペンサーハウスでディズニー映画のプレミアが開催されたのは今回が初めて。『ハリー・ポッター』のハーマイオニー役で知られ、本作で主人公ベルを演じているエマは、上品なグレーのドレス姿でレッドカーペットに登場し、自身の役柄について「(ベルとハーマイオニーは)2人とも本が好き、学ぶことが好き、そして自分の周囲の世界に対して好奇心に満ちていることが共通しているわ。『美女と野獣』の撮影が終了した日がちょうどハーマイオニー役に決まった日と同じで、まるで私のハーマイオニーとしての旅路が『美女と野獣』という終点にたどり着いたような不思議な達成感があったの!」と笑顔で語った。

また、人気テレビシリーズ『ダウントン・アビー』で注目を浴びたダンは、シックなスーツ姿で登場し、本作について「(ベルと野獣)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.