くらし情報『中山優馬、歌舞伎初挑戦! 市川海老蔵自主公演で『石川五右衛門 外伝』参加』

2017年2月27日 16:25

中山優馬、歌舞伎初挑戦! 市川海老蔵自主公演で『石川五右衛門 外伝』参加

中山優馬、歌舞伎初挑戦! 市川海老蔵自主公演で『石川五右衛門 外伝』参加

歌舞伎役者・市川海老蔵の第四回自主公演『ABKAI 2017』が上演されることが27日、わかった。

同公演は、"伝統の継承"と"新時代の歌舞伎の創造"を積極的に取り組んでいる十一代目市川海老蔵が企画・製作を行う自主公演。2013年夏に第一回が行われ、今回が第四回目となる。

今回は『石川五右衛門外伝』を上演する。人気漫画『金田一少年の事件簿』『神の雫』などの原作者である樹林伸が原作を担当し、大泥棒・五右衛門が海を渡って縦横無尽に活躍するという設定や、宙乗りや大立廻り、巨大ねぶた登場の演出で大反響を巻き起こした十一月花形歌舞伎『石川五右衛門』をさらにスケールアップさせる。

ゲストとして、俳優の中山優馬が歌舞伎に初挑戦。さらに、1月に襲名した市川右團次、若手歌舞伎俳優の中村壱太郎の出演が決定している。

海老蔵は「渋谷の若い方々に歌舞伎をもっと知って頂く良いチャンスと思います」と喜び、「今回は中山優馬さんにも参加頂きますので、とても楽しい舞台になるのではないかと楽しみにしています」と期待を寄せた。

初挑戦となる中山は「今回ABKAIに参加させて頂けると知った時はうれしさで胸が一杯になりました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.