くらし情報『木村拓哉『無限の住人』カンヌへ! 三池監督「不死身の男が世界に飛び立つ」』

2017年4月13日 20:19

木村拓哉『無限の住人』カンヌへ! 三池監督「不死身の男が世界に飛び立つ」

木村拓哉『無限の住人』カンヌへ! 三池監督「不死身の男が世界に飛び立つ」

俳優・木村拓哉(44)が主演を務め、三池崇史監督がメガホンを取った映画『無限の住人』(4月29日公開)が、第70回カンヌ国際映画祭(現地時間5月17日~28日)の「アウト オブ コンペティション部門」に選出され、公式上映されることが13日、明らかになった。キャスト、スタッフの渡航は今のところ未定だという。三池監督は、『極道大戦争』(15年)以来2年ぶり6本目のカンヌ。木村にとっては『2046』(04年)以来13年ぶりで、邦画主演作の公式選出は今回が初となる。

これまで『十三人の刺客』(10年)がベネチア国際映画祭に、『藁の楯』(13年)がカンヌ国際映画祭に選出されるなど、海外でも高く評価されている三池監督。朗報を受け、「不死身の男=万次(木村拓哉)が、カンヌから世界に飛び立つことになりましました」と報告し、「最高です。ありがとう」と喜びのコメントを寄せている。

本作には、『戦場のメリークリスマス』(83年)、『ラスト・エンペラー』(87年)、『BROTHER』(01年)などで知られ、国際的に活躍する映画プロデューサーのジェレミー・トーマス氏が参加。三池作品では『十三人の刺客』(10年)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.