くらし情報『山下聖菜、『遠い夏のゴッホ』でヒロイン - 13年の松ケン初舞台作』

2017年4月22日 10:00

山下聖菜、『遠い夏のゴッホ』でヒロイン - 13年の松ケン初舞台作

山下聖菜、『遠い夏のゴッホ』でヒロイン - 13年の松ケン初舞台作

女優の山下聖菜(18)が、西田シャトナー氏の作・演出舞台「キティエンターテインメント×東映 PresentsSHATNER of WONDER #6『遠い夏のゴッホ』」でヒロインを演じることが21日、分かった。主演は安西慎太郎(23)。7月14日から23日まで東京・天王洲銀河劇場、7月29日・30日に大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。

『遠い夏のゴッホ』は、2013年に松山ケンイチが初舞台として出演したことでも知られる作品。主人公がセミ、そのほかの登場人物もすべて人間ではないという奇妙な設定ながら、究極の純愛を描いて話題に。恋人よりも1年早く羽化してしまったユウダチゼミ・ゴッホは、生き抜くことを心に決め、セミには絶対に不可能な越冬の大冒険に挑む。

西田氏は、「演劇に再演は存在しない。すべては『上演の続き』である」という信念のもと、2013年の上演から構想を練り続け、脚本を改稿。演出手法も新たなものになるという。身体能力と演技力を兼ね備えた俳優陣をそろえ、「異種族である生物たちを演じ、なおその中にある種族を超えた普遍的感情」を演じる。

山下は、2015年の舞台『NEW WORLD』で本格デビューを飾った女優。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.