くらし情報『土屋太鳳、バレリーナ役で洋画アニメ声優初挑戦「魅力と難しさに圧倒」』

2017年5月30日 05:00

土屋太鳳、バレリーナ役で洋画アニメ声優初挑戦「魅力と難しさに圧倒」

土屋太鳳、バレリーナ役で洋画アニメ声優初挑戦「魅力と難しさに圧倒」

女優の土屋太鳳が、アニメーション映画『フェリシーと夢のトウシューズ』(8月12日公開)の日本語吹き替え版で主人公のバレリーナ役を演じ、洋画アニメ声優に初挑戦することがこのほど、わかった。

同映画は、家族のいないひとりぼっちの少女が、情熱だけを胸にパリ・オペラ座のバレリーナを目指す物語。『最強のふたり』の製作陣が初のアニメ映画に挑み、『カンフー・パンダ』『マダガスカル』などの名作アニメーションを世に出してきたアニメーター、パリ・オペラ座の芸術監督が集結した。

このたび主人公の少女フェリシー役に土屋が決定。映画・ドラマに全力で取り組む土屋の姿は、夢に向かってまっすぐなフェリシーにぴったりということに加え、土屋自身もバレエを習っていた経験があるという共通点があることから今回のキャスティングとなった。土屋は「洋画アフレコの日本語には独特の空気感やリズム感があると思う」「はじめのうちは、その魅力と難しさに圧倒され、打ちのめされていました」と初の洋画アフレコに苦戦したことを明かした上で、「一秒一秒を巻き戻し繰り返すことで少しずつフェリシーと心を近づけ、一体になることを目指しながら演じた」と語った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.