くらし情報『ベッキー、スマホのゲームが止められず「本当にダメ人間」』

2017年7月25日 11:00

ベッキー、スマホのゲームが止められず「本当にダメ人間」

ベッキー、スマホのゲームが止められず「本当にダメ人間」

7月28日公開の映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』の公開記念スペシャルセレモニーが24日、東京・押上の東京スカイツリーで行われ、日本語版の吹替えを担当したベッキー、銀シャリの鰻和弘と橋本直、森川智之、山路和弘が出席した。

1932年に公開された映画『ミイラ再生』をトム・クルーズ主演でリメイクした本作。公開を間近に控えたこの日は、劇中で王女ミイラ・アマネットが5千年もの封印されている棺を精巧に再現した高さ0.9m×幅2m×奥行3mに総重量10tにもおよぶ砂像(サンドアート)をお披露目されたほか、日本語吹替えを担当したベッキーらが登壇してトークショーを繰り広げた。

本作で呪われた古代エジプト王女アマネット(ソフィア・ブテラ)の声を担当したベッキーは「すごくドキドキしましたね。苦労したのは叫ぶシーンがあり、家で叫んだりすると誰かが来ちゃうので、中々練習ができずにぶっつけ本番だったのが大変でした」としながらも、「バラエティとは違う大人っぽい声の出し方だったので、自分の中では新鮮で楽しかったです」と達成感を感じている様子。一方、本作で声優初挑戦となった銀シャリの2人は「恐れ多いです」と恐縮しきりだったが、鰻が「思ったよりもセリフが多くて、ほんまに何回も撮り直しをしたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.